北海道・黒松内 静かなる車中泊スポット ( a secret spot of Kuromatsunai city )

Kuromatsunai

函館・大沼を出発後

北海道を北上しながら車中泊場所を

探していたのですが

Capi

なかなかない

北海道ならどこでも車中泊できる

と思っていましたが

あいにく、このエリアはそうでもない。

ただひたすら雑木林みたいなところに

道が通っているだけです。

途中、道の駅がいくつかありましたが

車中泊向けではありませんでした。

そんなこんなでやっと

車中泊のグーグル評価が良さげな

道の駅 くろまつない

に到着しましたが…

外に蛇口あっても水がでない、

ピザだけで野菜ぜんぜん売ってない、 

近隣にお店ない、ゴミが捨てられない、

おまけに夜中、トラックやら車中泊組やらが

がんがん到着するので

Capi

うるさくて眠れない

ないない尽くしでやりきれない

休憩する目的地として長距離走ってきても

これでは疲れとストレスが

どっと押し寄せるだけです。

北海道の道の駅はいまのところ

僕の車中泊スタイルには

なんか向いていない気がする。

そんな中、黒松内で

のんびーり ひんやーり しずかーな

車中泊場所を発見しました。

Capi

やっぴー

歌才ブナ林駐車公園 車中泊

黒松内市の外れにある

歌才ブナ林駐車公園

街道から外れているので静かだし、

風通しもよくて気持ちがいい。

おまけに設備がとても充実しています。

キレイなトイレ(和式)と水道

東屋(集会場)

ここは主にブナ林散策者と

鮎釣りの人が利用されるらしく

朝は東屋で集会開いてます。

平日の昼頃~夕方までは

ほぼ誰もいないので、発電機使用可能。

梅雨時のヒーロー

cassette gas generator

夜になると

釣り人車中泊の車が数台のみとなり

駐車場の灯がつくので

真っ暗過ぎてピヨる事もなければ

虫に集中攻撃される事もありません。

久々にゆっくり眠れる事が出来ました。

Capi

silent night…

歌才ブナ林

というわけで

実際にブナ林の散策をしてみます。

駐車場の脇に

入口と案内図があるので

はぐれないように写メ。

最初はハイキング気分で

スキップしながらいけますが…

だんだん林が森化していきます。

もうどれが道だか分かんないし、

昨日雨だったから足場がウンコみたい。

プーさんに遭遇しない用に

みんな鈴をつけて行きますが

僕は持ってないので

でかい独り言をいいながら

森の奥に進みます。

Capi

ぶつ ぶつ ぶつ

たまにクマが食べ物を求めて

人のエリアに来る事がありますが

その場合は、クマだって

人への警戒心があるでしょう。

でも森の中(クマのエリア)で

人とばったり会った時は

そりゃクマだってびっくりしますよね。

クマ

ぶっ殺すぞー

Capi

キャー

備えよ常に by  ボーイスカウト

しばらく歩いて

もののけ姫の神様がいそうな所を抜けると

終点地点に着きました。

ここは古い森らしく

きっと山の精霊がいるに違いない。

小さなお祈りをして帰りました。

湧き水 水彩の森

駐車場から5キロほど離れたところに

無料の湧き水スポットがあります。

黒松内銘水の水汲み場

折り畳み自転車の出番です。

水を汲みに行きました。

ここの水、ほんとに甘くて美味しいです。

お菓子とか食べなくなるから

ダイエットにいいとかなんとか。

rear ladder cycle carrier

Kampa シャワーホース切断事故

大問題が起きました。

KAMPA温水シャワーのホース切断です。

不用意に重いものをドカンと載せたら

ブッツリ切れてしまった。

普段このシャワーを使っているので

僕にとっては大問題です。

シャワーがない生活なんて考えられません。

夏なんてなおさら

ベトベトのまま寝るなんて無理。

それに、

若い子が旅をしていて

ヤング

3日以上フロ入ってません。

なんて言っても、

AMIGO

ワイルドだな

と思うかも知れないけど

40代過ぎたおっさんが

Capi

3日以上フロ入ってません。

なんて言ったら

AMIGO

きったねーなー

と言われるのがオチです。

駐車場で仲良くなった

釣りじいちゃんに相談してみると

他の釣り人達と一緒に

修理をしてくれる事になりました。

釣りじいちゃん

まかせんしゃい!

一瞬で直してくれたので

工程の写真はありませんが

灯油タンクとかのポンプ先を切って

シャワーの切断部分に差し込み

接着剤とガムテープで密閉してくれました。

空気圧と水圧に負けず

一切の漏れがありません。

完璧です。

この日は接着剤が固まるまで

24時間使わない方がいいとの事なので

黒松内から少し離れた

ゆべつの湯

に行きました。

黒松内にも日帰り温泉施設はありますが

Tatoo NG なので僕は入れません。

shower in camping car

行者ニンニク畑(アイヌネギ)

翌日、修理をしてくれた釣り人の家に

おジャマさせてもらうと

突如、お庭ツアーの始まりです。

一見、その辺の雑木林と思いきや

行者ニンニクが生えまくっている

宝の庭でした。

山の人

春になったらネットで売ってくれよ

200kgぐらい有り余っているそうです。

行者ニンニクは

4月下旬が収穫時で食べごろですが

せっかくなので

ニンニクと鮭も合わせて少し頂きました。

この日の夕飯

Capi

ごちそうさまです。

いろいろと本当に

ありがとうございました。

まとめ

北海道にきてから、ここ黒松内でようやく

ゆっくり休めました。

黒松内の標高は低いのに 

なぜか涼しくて、気持ちがいいのです。

でも、調子に乗って薄着で寝ていたら

風邪ひきました。

暑いから北海道に来たのに…

暑いより具合悪い方がいやですね。

ここ黒松内では

買い物に困らず、友達もできたので

もう少し滞在したかったのですが

いかんせん

コインランドリーがないのです。

夏の洗濯物は溜めたくないので

移動します。

Capi

ではまた

つづく

ジャパンキャンピングカーレンタルセンター